何のために生きるのですか?

先日、ある方とお仕事のお話をする中で、「あなたが人生の中で大切にしていることは何ですか?」という質問を受けました。そのとき私は「心と心がふれあうこと」と答えました。次に、「それはなぜですか?」という質問を受けました。

なぜなら、、、
今日はそんなお話をします。

街を歩いていて、幸せそうなカップルや、ベビーカーをひく親子を見るたびに、かつての私は「みんな死ねばいいのに!」と思っていました。

なんでみんな、笑っているの?
なんでみんな、隣に誰かいるの?
なんで幸せが当たり前のような顔をして、堂々と生きていられるの?

自分はどんなに頑張っても手に入らない・・・。

そして思いました。

「自分は、何のために生きているんだろう?」

心にはぽっかりと穴があき、ヒューヒューと冷たい風が吹いていて、その風がに変わるとき、猛烈な殺意がこみあげてくるのでした。「こんな世の中、破滅すればいいのに・・・」

その時の愛読書といえば、馳星周の暗黒小説。『不夜城』や『漂流街』の中で生きる黒い人たちの、暴力と裏切りの日常。人が物のように死んでいく犯罪の街とスピード感。恋愛小説とは真逆にあるような愛の形。そして危険な中でこそ感じられる生命力。そんな小説の中の空気感が、自分のヒリヒリ、ピリピリとした心とフィットしました。

人の顔色をうかがって、周りに合わせて、もうこれ以上傷つかないように、目いっぱいバリアを張って生きていた時代。
そんなことに疲れ果てると、今度は逆に「もうどうにでもなれ」と投げやりに自分を差し出し、人を傷つけていた時代。

あの頃の自分は、何が欲しかったんだろう?

それは、無くならないぬくもり。確信のある愛情。

でも、求めれば求めるほど苦しくなりました。

いったんぬくもりを感じてしまうと、それを失うのが耐えられなくて、相手にしがみつきました。

心の底にあった、「どうせ自分は愛されない」。

「こんな自分と一緒にいてくれるのだから、相手に何かを与えなければ」っていう劣等感と罪悪感が相手の心を重くし、一方では、自分自身が人と向き合うのが怖くて、心の扉は閉じたまま。相手が与えてくれるものを受け取れませんでした。

その思いを反映するように、大切な相手を失っていきました。

ずっとひとりだった。

ひとりは虚しかった。

その後、信頼できる人との出会いや、色々なセラピーを受ける中で、がっちりと閉じていた心と体が少しずつ緩んでいきました。

そのフッと緩む時にはいつも、「心と心が触れ合う瞬間」がありました。

思うのです。自分の人生の中で、これを経験できてよかった。
ひとりじゃない感覚を、知ることができてよかった。

今、与えるだけではなく、受取るということもできるようになりました。

これまでたくさん与えてくれていた人たちに、頭が下がりました。

だから、私が人生の中で大切にしているものは、「心と心が触れ合うこと」。

そして、いまだひとりぼっちの世界で、自分を傷つけ、心に冷たい風が吹いている人たちに、

私は自分のセラピーを提供していきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料Ebook:スモールビジネス必見!本当に役立つWebツール&サービス50選

Webマーケティングはツールを上手に使うことで、効率的に取り組むことができます。

このEbookでは、

・ランディングページを2時間で作れるツール
・WordPressで会員サイトを作れるツール
・キーワード選定力が10倍アップするツール

などスモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。

ぜひ、あなたのWebマーケティングの実践にお役立てください。