toggle
見捨てられ不安・大人の愛着・家族関係の悩みをサポ―トする民間の女性専門カウンセリングルームです。心理セラピー/ファミリー・コンステレーション/原始反射統合/催眠療法

プロフィール

 セラピスト紹介

渡辺べん Watanabe Ben
こころの相談室「こんぱす」代表 心理セラピスト


1969年生まれ 東京都出身
共立女子大学文芸学部文芸教養コース卒業
日本写真芸術専門学校夜間部報道写真コース
武蔵野大学通信学部心理学専攻カウンセリングコース


大学卒業後、出版業界で約10年、編集と広告営業のキャリアを積んだのち、31歳で独立。

2011年、東日本大震災をきっかけに、整体の専門学校で民間資格を取得。
同時に心理学の勉強を開始。

「システミック・コンステレーション」のチェトナ小林氏
「解決志向ブリーフセラピー」の黒沢幸子氏、
「リトリーブサイコセラピー」の大鶴和江氏、
「発達支援コーチ」の創設者である灰谷孝氏、

の各師もとで、カウンセリングと心理療法、発達支援を学び、
2014年春「セラピールームこんぱすの森」を開業。

ファミリー・コンステレーション、NLP心理セラピー、ゲシュタルト療法、交流分析、ブリーフセラピー、トラウマ解放、原始反射統合などの心理療法の学びをもとに、現在、心理セラピスト・心理学講師として活動中です。

※当相談室は、民間資格でのカウンセリング・セラピールームです。



「ぬくもりを受け取れるこころとからだへ」をテーマに、愛着トラウマ、対人不安、家系のもつれ、などを扱う心理セラピーを提供しています。

また、自身の性別がXジェンダーなため、セクシュアリティ関連の問題も数多く扱っております。

経歴・スキル

●2015~17年 日本NLP心理セラピー協会 公認講師・公認セラピスト
●全米NLP心理学マスタープラクティショナー

●コンステレーションズ・ジャパン® システミック・コンステレーションファシリテーター養成コース修了
●発達支援コーチ中級コース修了
●日本ヒプノセラピーアカデミー・イシス認定 年齢退行コース/前世療法コース修了
●腸楽セラピスト
●台湾式リフレクソロジスト

セラピストからのメッセージ

~自己否定と依存の日々から、自分を大切にできるようになるまで~

縫製業を営む両親のもと、「一人っ子」として育ちました。

おとなしく、自己主張しない子ども時代、何もしゃべらないので「お地蔵さん」と呼ばれていました。 

幼稚園に通うようになってから、性別への違和感を感じるようになりました。 自分はズボンなはずなのに、どうして赤いスカートをはかなければいけないのだろう? そして、自分は少しみんなとは違うということに気づくのです。

以来、ますます自分を主張することはなくなりました。 本当の自分がばれないように、まわりに合わせて生きなければ・・・。 そして思春期を迎え、隣のクラスに好きな子ができると、喜びと絶望が同時にやってきました。 「自分はどんなにがんばっても、好きな人とは一緒にはなれないんだ・・・」

自分の存在って何だろう?
いったい何のために生まれてきたのだろう?
どうやって生きていけばいいんだろう?

そんな解決しない問いを繰り返す10代の終わり頃から、自分の居場所を探すように、北から南まで、 日本各地を旅するようになりました。誰も自分のことを知らない土地へ行きたい。ここではないどこかへ。 たくさんの土地の人と出会い、たくさんの旅人と出会い、人はどんな風に生きてもいいんだと知りました。

就職してからも苦しさは続き、 愛情飢餓感から、ぬくもり欲しさに共依存関係を続けたりして、生活も精神状態がすさんだ時期を過ごしました。

そこから立ち直ることができたのが30歳を過ぎてからです。 荒れた自分を、ただ見守り、信じ続けてくれた仲間の存在がありました。 いつも「あなたはそのままでいいんだよ」と色々な形でメッセージを送ってくれていました。 人は、人によって支えられ生きているのだと、ひとりじゃないんだと、 その時はじめて人とのつながりを感じることができました。

40代に入り、東日本大震災をきっかけに体のケアを学びはじめ、体と心はつながっていると実感し、 心理の勉強もはじめました。そして、ずっと抱えてきた自己否定感や絶望感と向き合い、抑圧してきた感情を適切な形で解放していき、 本当に楽に生きられるようになりました。誰かを羨み憎み、自己否定しながら生きている人生から、 人とつながり、今を楽しみながら生きる人生へ。

こころの相談室では、安心安全な場で、来てくださるみなさまが「本来の自分自身」と「生きる力」を取り戻し、 幸せな人生を歩んでいけるように、最善をつくしてサポートさせていただきます。

PAGE TOP